メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府と県 首相官邸で協議会

沖縄県の翁長雄志知事(右端)との会談に臨む菅義偉官房長官(左端)ら=首相官邸で2016年3月23日午後0時11分、藤井太郎撮影

 政府と沖縄県は23日午後、基地負担軽減策や経済振興策を話し合う「政府・沖縄県協議会」を首相官邸で開催した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る代執行訴訟で和解した後、初の協議会。2014年2月を起点とする普天間飛行場の「5年以内の運用停止」や、米軍北部訓練場(東村、国頭=くにがみ=村)の一部返還などについて話し合った。

     協議会メンバーは、政府側が菅義偉官房長官▽岸田文雄外相▽中谷元(げん)防衛相▽島尻安伊子沖縄・北方担当相▽杉田和博官房副長官、県側が翁長雄志(おなが・たけし)知事と安慶田(あげだ)光男副知事。

     福岡高裁那覇支部の勧告により政府と県が今月4日に合意した和解条項では、両者は乱立した訴訟を一本化し、辺野古沿岸部埋め立て承認の是非を争う司法手続きを進める一方、円満解決に向けた協議を並行して行うとしている。だが、辺野古移設が「唯一の解決策」とする政府側と、移設阻止を掲げる県側との溝は埋まっておらず、協議は難航が予想される。【高本耕太】

              ◇

     翁長氏は協議会後、記者団に、辺野古移設の進捗(しんちょく)にかかわらず、普天間飛行場の「5年以内の運用停止」に早急に取り組む▽和解に基づく協議について作業部会を設置し議事録を公開する−−ことを政府側に求めたことを明らかにした。また「辺野古移設が唯一の解決策」とする政府の姿勢について「固定観念に縛られないでほしい」と訴えたという。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    2. 五輪調査中間報告 スポーツ界猛反発 長時間の議論、泡に
    3. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
    4. 傷害致死 容疑で15歳逮捕 31歳知人蹴り死なす 大阪・柏原
    5. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]