メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外

号外の一覧

名人戦:佐藤天彦がタイトル奪取 羽生に4勝1敗

“アニメ路線”拡大 沿線にアトムら人気キャラ

埼玉県飯能市の市民会館前庭にある「鉄腕アトム」像

 鉄腕アトム、ムーミン、リカちゃん、銀河鉄道999、トトロ、ハローキティ−−。東京・池袋から埼玉県秩父市まで県西部を走る西武鉄道の池袋線・秩父線の電車や沿線が、アニメや長く愛されてきた着せ替え人形のキャラクターに彩られている。

 同線沿線の同県飯能市の中央公園には「鉄腕アトム」の銅像がある。飯能青年会議所のメンバーに、手塚治虫さんのアニメ会社「虫プロ」の元社員がいた縁で、同会議所の10周年を記念して1983年に建立された。手塚さんも除幕式に駆けつけ、自然豊かな飯能を「故郷の宝塚と似ている」と気に入り、スタジオと自宅を移すことも考えていたという。

 同市は最近、登山に熱中する女子高校生を描いたテレビアニメ「ヤマノススメ」の舞台として人気を集めるが、来年には宮沢湖(同市宮沢)を中心としたエリアに作家の母国であるフィンランド以外では世界初のムーミンのテーマパークがオープンする予定だ。

 また、同線の稲荷山公園駅が最寄りの狭山市立博物館(同市稲荷山)は19日から、開館25周年の企画展として「しあわせのリカちゃん展」を5月29日まで開催している。

 着せ替え人形として長く人気を集めてきた「リカちゃん人形」(タカラトミー)は来年が誕生50周年。今回の企画展では、時代ごとの流行を取り入れた歴代の約300体を展示。ご当地バージョンとして「茶摘み」と「さくら」のリカちゃん(ともに非売品)も登場している。

 この他、同線の大泉学園駅(東京都練馬区)の名誉駅長には、松本零士さん作の「銀河鉄道999」のキャラクター「車掌さん」が2008年から就任している。また、同線の秋津駅(同東村山市)と所沢駅間の上り線側の竹林には、宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」の主人公トトロの木板が利用客や電車の安全運行を見守っている。

 同線は今、これらの駅を結ぶ形でサンリオのキャラクター「ハローキティ」をデザインしたラッピング電車も運行中だ。

 もともと同線の椎名町駅(東京都豊島区)は近くに手塚さんや石ノ森章太郎さん、赤塚不二夫さんら多くの漫画家が居住していた「トキワ荘」があったことで知られる。現在でも宮崎監督や松本さん、「タッチ」の、あだち充さんら多くの著名漫画家が沿線に住んでおり、“アニメ路線”化が拡大している。【海老名富夫】

踏切の緊急ボタンなど、さまざまな「安全ボタン」を体験するコーナーには大勢の来場者が集まった

◇西武鉄道100周年記念事業多彩に 西武球場前駅

 西武鉄道(本社・所沢市)は21日、西武球場前駅の広場で鉄道設立100周年記念事業を締めくくるイベントを開き、多彩な催しを行った。

 球場ドーム内の外野エリアに設置した特設舞台では、音楽やダンス、伝統芸能など沿線ゆかりの100に上るライブを実施。沿線各自治体のゆるキャラも参加し、自慢の食材を扱った市場や特別献立料理を販売するコーナーも設けられた。

 駅員の制服を着ての写真撮影や電車の安全を確保するボタンを押す体験など鉄道会社ならではの企画も多くあり、鉄道ファンらが楽しんだ。イベントの最後では、特別ゲストのタケカワユキヒデさんらがラッピング電車で人気を博したアニメ「銀河鉄道999」のテーマソングを来場者とともに歌い、記念行事を締めくくった。【海老名富夫】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マラソン 猫ひろしさん五輪出場が決定…カンボジア代表
  2. 東京医科大 手術中出火、患者重傷 レーザーメス使用
  3. ワイド特集 オンナとオトコの雛祭り “オリ”の中の「番長」清原和博 「毎晩夜泣き」の真相
  4. NewsNavi 真剣交際の“ハーフ美女”と破綻した「清原被告」の自業自得
  5. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]