メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本大

研究室流しにポイ! 遺伝子組み換えウイルスは?

 熊本大は23日、遺伝子組み換えウイルスを含んだ可能性のある廃液を適正に処理せずに捨てたと発表した。ウイルスは病原性や増殖性が欠如し、周辺環境への影響はないとしている。

     熊大によると、熊本市の大学院生命科学研究部の研究室で2月26日、実験中にウイルスを遠心分離した後の上澄み液約50ミリリットルを誤って流しに廃棄した。法律上、廃棄前にウイルスを不活性化する薬剤を添加処理するよう定められているが実施しなかった。約1時間後、ミスに気づき薬剤を流しに投入した。

     廃液は地下の貯水槽に流れ込み、水道水などで20万倍以上に希釈され、薬剤も投入したことから、熊大は「公共下水にウイルスが流れ込むことはなかった」としている。

     大学院生命科学研究部の西村泰治部長は23日、記者団に対し「地域の皆様に深くおわびするとともに、二度とこのようなことがないよう再発防止策を講じたい」と述べた。【野呂賢治】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
    2. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
    3. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
    4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    5. アメフット 再三圧迫、追い込まれ 日大選手が実名で証言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]