メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空港と地下鉄駅で爆発、34人死亡

 【ブリュッセル斎藤義彦】ベルギーの首都ブリュッセルで22日朝(日本時間同日夕)、空港と地下鉄駅で連続して爆発が起きた。AFP通信によると、2度の爆発が起きた空港では14人、地下鉄駅で20人が死亡したほか、2カ所で200人以上が負傷した。ベルギーのミシェル首相は「我々の国が卑劣なテロに見舞われた」と述べ、両方ともテロ攻撃と断定した。ベルギー内務省は対テロ警戒水準を4段階の最高レベルに引き上げた。

 フランスのオランド大統領は「欧州に対する戦争だ。ベルギーだけでなく、欧州全体と世界が標的になった」と強く非難した。

 パリでは昨年11月、130人が死亡する同時多発テロが発生。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。今回は犯行声明は出ていないが、ISが関与した可能性がある。ベルギーではパリ同時テロの実行犯だったサラ・アブデスラム容疑者(26)が18日に逮捕されたばかりで報復との見方も出ている。

 レインデルス外相は容疑者が逃走している可能性があるとして、「捜査を続けている」と述べた。

 日本時間22日深夜の時点で日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 地元メディアなどによると、ブリュッセル北郊の国際空港では22日午前8時(日本時間午後4時)ごろ、1階の出発ロビーで連続して爆発が起きた。最初の爆発は米アメリカン航空のカウンター付近で発生。2回目の爆発は人々が逃げ出そうとした出口近くにある米系コーヒーチェーン「スターバックス」周辺で起きた。検察当局はこのうち1回は自爆テロとの見方を示した。爆発前に銃撃音とアラビア語の叫び声が聞こえたという。現場からは自爆ベルトが見つかったほか、犯人とみられる遺体のそばにはカラシニコフ銃が落ちていた。

 午前9時10分(同午後5時10分)ごろには、ブリュッセル中心部の地下鉄マールベーク駅から動き始めた列車内で爆発が起きた。地下鉄運行会社によると、3両編成の2両目という。2両目は壁が吹き飛ぶほど大破した。マールベーク駅は欧州連合(EU)本部に近いシューマン駅の西隣。

 ブリュッセル国際空港は閉鎖された。市内の地下鉄駅もすべて閉鎖され、バスや路面電車も運行を取りやめた。ベルギー当局は国内の原子力発電所の警備態勢を強化。ロイター通信によると、ベルギー東部のティアンジュ原発では、当局の要請により最低限の要員を残して職員が避難した。

 ロンドンとパリ、ブリュッセルを結ぶ高速鉄道「ユーロスター」も運行を取りやめた。ドイツ鉄道は同国西部アーヘンとブリュッセル間の運行を停止した。英独やオランダ、デンマークなど欧州各国が空港の警備や管理を強化した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
  2. 交通事故 軽とバイク衝突し炎上、4人死亡 群馬・太田
  3. クローズアップ2016 舛添氏資金問題 疑惑説明は全て先送り 強気の背景に法の不備
  4. 大島優子さん 乗用車で物損事故…けがなし
  5. 事故 ダムに車転落、5人死亡…バーベキュー帰り 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]