メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主エンジン連続運転を開始…小惑星探査機

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、小惑星探査機「はやぶさ2」が主エンジン(イオンエンジン)の連続運転を始めると発表した。連続運転は、5月3日ごろまで約800時間を予定。2014年12月の打ち上げ後では最長となる。

     はやぶさ2は昨年12月、地球と火星の間の軌道にある目的地の小惑星リュウグウへ向かうため、地球の引力を使って軌道を変え、加速する「地球スイングバイ」に成功した。今回、4台あるエンジンのうち3台を連続運転し、本格的にリュウグウへ向かう軌道を目指す。

     これまでの連続運転は、昨年3月に実施した409時間が最長だった。リュウグウ到着の18年6〜7月までに、3回程度の長時間の連続運転を計画している。【永山悦子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 時代の風 「分煙」が不可な本当の理由=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員
    2. G7 トランプ夫妻“別格”扱い 安全配慮「無礼」報道も
    3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    4. 社説 安倍首相の在任 戦後3位に 「1強」のひずみは深刻だ
    5. キッズウイーク 「どこの国の話?」政府構想にブーイング

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]