メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐藤ゆかり氏に慰謝料求め提訴

自民党の佐藤ゆかり衆院議員

 自民党の佐藤ゆかり衆院議員(54)=大阪11区=が党員らに配った文書で名誉を傷付けられたとして、同党の出来成元(しげちか)前大阪府議(67)が22日、佐藤氏に約300万円の慰謝料と謝罪を求め、大阪地裁に提訴した。

     訴状によると、昨年8月にあった枚方市長選で、佐藤氏は現職(当時)の候補を支援するよう呼びかける文書を選挙区内の党員や党国会議員に配布。その中で「任期が切れているのに出来氏が党枚方市支部長を名乗っている」などと記載した。出来氏は「2014年4月の支部総会で支部長に承認されており、任期切れの事実はない」と主張。次の府議選(19年)に立候補する予定で、「名誉を傷付けられて政治活動に影響があった」と訴えている。【藤顕一郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アイドル刺傷 容疑者「ツイッターをブロックされた」
    2. 名古屋市 2副市長を解職 河村市長1人体制に懸念も
    3. アイドル刺傷 母、京都府警に電話…「執拗に嫌がらせ」
    4. アイドル刺傷 警視庁が事件の経過を公表
    5. 東京・小金井のアイドル刺傷 「ファン」一方的に好意 書き込み、攻撃性が激化

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]