メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤクルト、高校野球で賭け

 プロ野球のヤクルトは22日、昨夏まで高校野球の春夏の甲子園の決勝を対象に、選手間で優勝校を当てる賭けを行っていたと発表した。新(あたらし)純生専務によると、昨夏は10人程度が参加しており、1人1万円を払い得点と優勝校を予想する形式だったという。

     この賭けが始まった時期は不明だが、2012年に社会人野球チームで高校野球などの試合を対象にした賭けが行われていた事案があったのをきっかけに、球団は高校野球を対象とした賭けを禁止とした。しかし、その後も続いていた。

     また、試合後のドーピング検査の対象になった選手2人に「お疲れ様代」という名目で、その日の試合にベンチ入りしていた選手から1人5000円を集めて渡していたことも明らかにした。【中村有花】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英EU離脱 残留望んだ若者、怒りのデモ行進
    2. うどん県 「打倒・香川」埼玉が日本一へ挑戦
    3. 熊本地震 不明者の車体の一部か 両親が発見
    4. 元キンコメ高橋被告 横浜の高校からも制服窃盗
    5. プロ野球 広島8連勝…2001年以来 貯金13に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]