メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

(1)体験(2)気づき(3)普遍性=近藤勝重

 就活中の学生たちから作文の書き方についてよく聞かれる。今春まで早稲田大大学院で7年にわたって「文章表現」の授業のお手伝いをしていたからだが、ぼくなりにおすすめできるのは次の3点に留意した文章法だ。

 (1)体験(2)気づき(3)普遍性

 (1)の体験では自分の身に降りかかったことや見聞きしたことを、(2)の気づきでは(1)の体験を通してわかったことを、(3)の普遍性ではその気づきと社会のありようとがどう関わり、通じ合っているかを、それぞれ書いていただきたい。

 拙著「必ず書ける『3つが基本』の文章術」で学生たちの作文例を掲載したが、書くべき(1)(2)(3)…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです