メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん社会はどこへ

第5部 自分らしく生きる/上 打ち明けられぬ性の悩み

 「がんで死ぬのは怖くない。私の場合、がんになって一番つらいのが『性』の問題です」。東京都在住で精神医療に携わる麻子さん(47)=仮名=は悩みをそう打ち明ける。

 2012年末、乳がんと診断され、手術で左胸を全摘出した。医療現場で人の生死に寄り添ってきたこともあり、「告知されても不思議なほど冷静でした」。しかし、乳房全摘には強い抵抗があり、「自分の体で好きな部分だったから喪失感もとても大きかった」。

 約半年後に乳房の再建手術を受けた。いくつか再建術があるが、麻子さんの場合はシリコーンを入れ、乳首は…

この記事は有料記事です。

残り2205文字(全文2455文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]