メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新ワクチンABC

/12止 肺炎球菌が定期接種に 国立感染症研究所感染症疫学センター第3室・多屋馨子室長

Q 高齢者が受けた方が良い予防接種はありますか。

A 65歳以上の人、60〜64歳で法令に定められた持病(心臓、腎臓、肺、免疫機能など)がある人は、定期接種でインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンを受けることができます。肺炎球菌ワクチンには、90種類以上ある肺炎球菌のうち23種類の肺炎球菌感染症を予防するタイプと、13種類を予防するタイプがあります。2014年に始まった高齢者への肺炎球菌ワクチンの定期接種では、23種類のタイプが使用可能です。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです