メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オホーツク海

「流氷大回転」の珍現象

大きな渦を巻く「流氷大回転」=北海道知床半島沖のオホーツク海で2016年3月23日午後0時3分、第1管区海上保安本部の航空機から本間浩昭撮影

 北海道・知床岬近くのオホーツク海で23日、流氷による巨大な渦が確認された。「流氷大回転」と呼ばれる珍しい現象で、流氷観測業務中の第1管区海上保安本部の航空機「おおわし」に同乗し、撮影した。

 同日正午ごろ、知床岬の北約30キロの海上で、直径約30キロにわたって流氷の砕けた氷と板状の氷が混ざり、反時計回りの渦ができていた。

 北海道大低温科学研究所の大島慶一郎教授(海洋物理学)は「知床付近では、沿岸の氷が解けて温かい水と冷たい水が接すると、密度差ができることで渦ができると考えられる」と話している。【本間浩昭】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猫虐待有罪判決 ネット署名募った杉本彩さん「厳罰化を」
  2. 福井・あわら 橋本市長、既婚女性と公務中に市長室でキス
  3. 今年の漢字 17年は「北」 清水寺で発表
  4. 関東鉄道 踏切立ち往生の男性を元レール・メイトが救出
  5. 中華航空 日本人3人機内で騒ぎ、引き返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]