メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業の受付業務可能 アプリ発売へ

来客者を前に電話をかけるそぶりをして担当者を呼び出すペッパー=東京都中央区京橋2で、3月23日、片平知宏撮影

「eレセプションマネージャー」を4月1日から

 ソフト開発・販売会社「ソフトブレーン」は23日、ソフトバンクロボティクスなどが開発した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」向けのアプリケーションソフト「eレセプションマネージャー」を4月1日から発売すると発表した。企業の受付業務で、顧客情報を生かしたきめ細かな対応ができるのが特徴だ。

     新アプリでは事前に登録・蓄積した顧客情報を活用。来訪者を出迎えたペッパーが「初めて名刺交換したのは2005年10月4日ですね。長くお付き合いしていただき、ありがとうございます」などと対応する。担当者を電話やメールで呼び出す間も、顧客対応を継続。「誕生日おめでとうございます」などと祝意を伝えることも可能だ。

     今後はホテル、病院など場面に合わせてペッパーが話す内容を増やし、追加で機能を拡充する。英語など外国語で対応できるようにすることも検討。ソフトの価格はペッパー1台当たり月額8万円(税別)。ペッパーのレンタルはこれと別に1台月額5万5000円が必要。

     東京都内で記者会見したソフトブレーンの豊田浩文社長は「使い切れていなかった顧客情報を生かす一つの活用方法」と語り、販売拡大に意欲を示した。【片平知宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 地震 伊豆大島近海震源、相次ぐ 「今後も続く可能性」
    2. 御巣鷹からの伝言 日航ジャンボ機墜落事故30年/2 生存者・川上慶子さんの兄「迷い、必死に生きた」
    3. 生物学五輪 日本代表、金1個と銀3個を獲得
    4. 女子高生死亡 ビルの屋上から転落か 熊本
    5. クローズアップ2016 ポケモンGO、日本配信 経済効果にワクワク、ハラハラ歩きスマホ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]