メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初の最終赤字 資源安で700億円

三井物産の最終利益の推移

 三井物産は23日、銅や液化天然ガス(LNG)などの資源価格の下落を受け、2016年3月期連結決算の最終(当期)損益が700億円の赤字に陥る見通しになったと業績予想を下方修正した。従来予想は1900億円の黒字だった。価格下落で約2600億円の損失を出したため。通期での連結最終赤字は財閥解体後の1947年に同社が発足して以来初めて。

 東京都内で記者会見した安永竜夫社長は「資源価格が想定と変わった」と赤字の理由を説明した。

 資源価格の下落による収益低下に伴い、事業や資産の評価を低く見直す「減損処理」を行ったため、損失額が膨らんだ。内訳は、チリ銅事業で1150億円▽豪州LNG事業の開発計画の遅れで400億円▽ブラジルでの石炭の価格下落などで350億円−−など。同社は今年2月にも、16年3月期の連結最終利益を従来予想の2400億円から1900億円に下方修正したばかり。度重なる下方修正について、同社は「資源価格下落に加え、中国経済減速が収益悪化に拍車をかけた」と説明した。

 大手商社では資源価格下落に伴い、住友商事がアフリカのマダガスカルで進めているニッケル採掘事業で約770億円の損失、丸紅がメキシコ湾での油田事業などで730億円の損失を出している。【種市房子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
  2. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
  3. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で
  4. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
  5. 五輪調査中間報告 スポーツ界猛反発 長時間の議論、泡に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]