メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本のソフト「Zen」、小林名誉棋聖に勝ち

 日本の囲碁トップ級棋士とコンピューターソフトが対戦する「第4回電聖戦」が23日、東京都調布市の電気通信大で打たれた。事前の囲碁ソフト大会で1、2位となった「Zen」(日)と「darkforest」(米、中国)が、小林光一名誉棋聖に三子(あらかじめ3個の石を置くハンディキャップ)でそれぞれ挑戦。2位ソフトは中押し負け(途中で負けを宣言すること)したが、「Zen」は最後まで打ち、4目半差で勝った。三子でプロ棋士に勝てるのは、アマトップクラスの実力となる。

     「Zen」は過去数々の大会で優勝した実績を持つ日本最強の囲碁ソフト。この1年、先に世界トップ級棋士を破った人工知能「アルファ碁」が活用したディープラーニング(深層学習)の技術を取り入れるなど改良を進めてきた。

     小林名誉棋聖との対局は序盤から手厚く打ち進めて優勢を堅持。終盤やや追い込まれたが、劣勢になることなく押し切った。【金沢盛栄】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]