メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁電聖戦

日本のソフト「Zen」、小林名誉棋聖に勝ち

 日本の囲碁トップ級棋士とコンピューターソフトが対戦する「第4回電聖戦」が23日、東京都調布市の電気通信大で打たれた。事前の囲碁ソフト大会で1、2位となった「Zen」(日)と「darkforest」(米、中国)が、小林光一名誉棋聖に三子(あらかじめ3個の石を置くハンディキャップ)でそれぞれ挑戦。2位ソフトは中押し負け(途中で負けを宣言すること)したが、「Zen」は最後まで打ち、4目半差で勝った。三子でプロ棋士に勝てるのは、アマトップクラスの実力となる。

     「Zen」は過去数々の大会で優勝した実績を持つ日本最強の囲碁ソフト。この1年、先に世界トップ級棋士を破った人工知能「アルファ碁」が活用したディープラーニング(深層学習)の技術を取り入れるなど改良を進めてきた。

     小林名誉棋聖との対局は序盤から手厚く打ち進めて優勢を堅持。終盤やや追い込まれたが、劣勢になることなく押し切った。【金沢盛栄】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 近鉄 南大阪線、近く再開へ 橋脚傾き修復
    3. 新型加速器 初の素粒子衝突に成功 物質誕生の謎解明へ
    4. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]