メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡側避難マップ完成 6パターンを想定

 富士山で突発的な噴火が起きた際、登山客らが安全に避難するためのルートマップを静岡県が完成させた。24日に甲府市で開かれる富士山火山防災対策協議会で公表し、ホームページなどを通じて周知する。山梨県は昨年避難ルートマップを公表したが、静岡県側は初めて。

     過去数万年間に実際に起きた比較的小規模な噴火を基に、県は火口が生じた場所や溶岩流の流れ方などを分析し、6パターンに分類。静岡県側の富士宮、御殿場、須走の3登山ルートについて、パターンごとに避難方法を提示した。

     例えば約1000〜1100年前に起きた噴火のパターンでは、山頂から南側にある富士宮ルートを分断する形で火口列が生じた。このため、同ルートの7合目以上にいる登山者は下山すると危険なため、山頂方向か東側の御殿場ルートへ逃げるよう促している。

     県危機管理部によると、夏山シーズンに噴火警戒レベル3(入山規制)が出た場合、静岡、山梨両県で最大約1万人が下山しなければならない。同部の担当者は「登山者は、噴火した場合のことも想定して登ってほしい」と話している。【井上知大】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 御伽ねこむ 「ああっ女神さまっ」の藤島康介と31歳差婚 妊娠も
    2. 都知事選 小池百合子元防衛相が出馬表明
    3. 都知事選候補 民進都議、片山氏で一致 都連が調整へ
    4. 都知事選 桜井前次官に出馬要請へ 自民党都連
    5. トルコ空港テロ 深夜の空港に爆音と悲鳴 利用客「早く着いてたら…」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]