メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

速い「融雪型火山泥流」 広範囲に甚大被害

 雪の積もった火山が噴火すると、熱で溶けた雪が土砂を巻き込み、高速の泥流となって山麓(さんろく)を襲うことがある。「融雪型火山泥流」と呼ばれ、北国に火山の多い日本では警戒が必要だ。

 北海道中央部の十勝岳(2077メートル)ふもとの上富良野町草分地区。神社の一角に90年前に起きた融雪型火山泥流の被害を伝える石碑がある。刻まれているのは小説家、故三浦綾子さんの代表作「泥流地帯」の一節だ。

<泥流が釜の中の湯のように沸(たぎ)り、躍り、狂い、山裾の木を根こそぎ抉(えぐ)る。(中略)家が流れ…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです