メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん社会はどこへ

第5部 自分らしく生きる/中 美しく装い、輝くきっかけに

乳がんサバイバーによるファッションショー。中央が聖路加国際病院の山内英子医師、左奥が企画した塩崎良子さん=東京都江東区で2015年7月、塩崎さん提供

 ●ドレスをまとい

 思い思いのドレスをまとった女性がさっそうと歩く。28人全員が乳がんサバイバーだ。昨年7月、東京都江東区で開かれたファッションショー。会場は大きな、そして温かい拍手に包まれた。

 ショーは「日本乳癌学会学術総会」の関連イベント。聖路加国際病院(東京都中央区)の山内英子ブレストセンター長が発案し、同じくサバイバーの塩崎良子さん(35)が企画した。モデルは全国から集まった。「ショーの前、試着会で初顔合わせの際は、元気のない人が多かった」と塩崎さん。しかし、試着が進むと自然に笑みがこぼれ出す。「その様子を見て私もハッピーになりました」

 塩崎さんは20代でアパレル会社を設立し、がんの診断当時はドレスのレンタルショップを営んでいた。告知…

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2114文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 日焼け止め 使用でビタミンD不足…20代女性に調査
  4. 20政令市 日焼け止めクリーム、プールで半数ダメの訳
  5. 18年 台風が最多ペースで発生 8月に初の5日連続で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです