メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん社会はどこへ

第5部 自分らしく生きる/中 美しく装い、輝くきっかけに

乳がんサバイバーによるファッションショー。中央が聖路加国際病院の山内英子医師、左奥が企画した塩崎良子さん=東京都江東区で2015年7月、塩崎さん提供

 ●ドレスをまとい

 思い思いのドレスをまとった女性がさっそうと歩く。28人全員が乳がんサバイバーだ。昨年7月、東京都江東区で開かれたファッションショー。会場は大きな、そして温かい拍手に包まれた。

 ショーは「日本乳癌学会学術総会」の関連イベント。聖路加国際病院(東京都中央区)の山内英子ブレストセンター長が発案し、同じくサバイバーの塩崎良子さん(35)が企画した。モデルは全国から集まった。「ショーの前、試着会で初顔合わせの際は、元気のない人が多かった」と塩崎さん。しかし、試着が進むと自然に笑みがこぼれ出す。「その様子を見て私もハッピーになりました」

 塩崎さんは20代でアパレル会社を設立し、がんの診断当時はドレスのレンタルショップを営んでいた。告知…

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2114文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]