メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発1号機

四国電力が廃炉決定 運転延長採算性なく

老朽化原発の現状

 四国電力は25日の取締役会で、来年に運転開始40年となる伊方原発1号機(愛媛県伊方町)を廃炉にすることを決めた。国が定めた原則40年の運転期間を延長するには、1号機では1700億円超の安全対策費が見込まれ、同社は採算性がないと判断して再稼働を断念した。5月10日に廃炉にする。佐伯勇人社長は25日午前、愛媛県庁で中村時広知事と面会し「工事費と運転可能期間などの観点から総合的に検討した」と説明した。

 伊方1号機は、出力56.6万キロワットの加圧水型軽水炉で、1977年9月に運転を開始した。運転延長…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです