メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開門前に1200人列…30分早め入場

皇居内の乾通りで咲き始めた桜を楽しむ人たち=東京・皇居で2016年3月25日午前10時42分、喜屋武真之介撮影

 桜の季節に合わせた皇居・乾(いぬい)通りの一般公開が25日、始まった。開門前に約1200人が列を作り、宮内庁は予定していた午前10時の開門を約30分早め、午後0時半までに9060人が入場した。31日までの午前10時〜午後3時、坂下門から入門できる。

 寒の戻りでソメイヨシノは大半がまだつぼみ。それでも訪れた人たちは皇居内で咲き始めの桜を楽しみ、カメラやスマートフォンで撮影していた。

 乾通りは桜やモミジなどが植えられた並木道。次の公開は2017年の秋になる見込み。【山田奈緒】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人未遂 容疑で女子大生逮捕「恋愛感情のもつれで」
  2. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響
  3. 鉄道事故 踏切内で高1はねられ死亡 家族の前で 愛知
  4. 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」62%否定
  5. 仙台市長選 国政が直撃 敗れた与党陣営、恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]