メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「国旗は現状維持」が多数に 国民投票速報値 

ニュージーランド国旗

 【ジャカルタ平野光芳】ニュージーランドで国旗変更の是非を問う国民投票が実施され、同国の選挙管理委員会は24日、「現状維持が多数を占めた」とする集計結果(速報値)を公表した。確定値は30日に公表されるが、1世紀以上の歴史がある現在の国旗が継続使用されるのは確実だ。

     投票は今月3〜24日に郵送で実施され、英国旗があしらわれた現行旗と、先住民マオリにゆかりが深いシダを描いた新案「シルバーファーン」を二者択一で選んだ。選管によると、支持率は現行旗56.6%、新案43.2%だった。投票率は67.3%。

     現行旗は英国統治の名残を強く残し、オーストラリア国旗とも混同されやすい。キー首相らが変更を目指して国民投票を主導してきたが、現行旗に親しみを感じる国民が多く、変更に多額の費用が掛かることも敬遠された。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
    2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
    3. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    4. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
    5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]