メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猿人化石

「大地溝帯」東側で初の発見…京大チーム

発掘された成人男性の左尺骨近位部の化石、横の白黒は計5センチ=中務真人教授提供

 京都大大学院理学研究科の中務(なかつかさ)真人教授(自然人類学)らの国際調査チームは24日、約350万年前の猿人アウストラロピテクス・アファレンシスの歯の化石など4個を、ケニア・ナイロビ郊外で発見したと発表した。人類発祥とされる大地溝帯(大地の裂け目)の東側で猿人が見つかったのは初めてという。乾燥した大地溝帯でなく、湿地帯で確認され、猿人の環境適応能力の高さを示す発見という。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです