メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大地溝帯」東側で初の発見…京大チーム

発掘された成人男性の左尺骨近位部の化石、横の白黒は計5センチ=中務真人教授提供

 京都大大学院理学研究科の中務(なかつかさ)真人教授(自然人類学)らの国際調査チームは24日、約350万年前の猿人アウストラロピテクス・アファレンシスの歯の化石など4個を、ケニア・ナイロビ郊外で発見したと発表した。人類発祥とされる大地溝帯(大地の裂け目)の東側で猿人が見つかったのは初めてという。乾燥した大地溝帯でなく、湿地帯で確認され、猿人の環境適応能力の高さを示す発見という。

    高い環境適応能力示す

     国際的な人類進化学雑誌「ジャーナル・オブ・ヒューマン・エボリューション」(電子版)に掲載された。大地溝帯は幅数十キロでアフリカ東部を南北に走っている。猿人の化石の大半がここで発見され、1995年に大地溝帯西側の中央アフリカ・チャドでも見つかっている。

     今回の発見場所は大地溝帯の端から東側に約10キロ離れ、標高差は約1000メートル近くあり環境が異なる。

     発見された化石は、乳歯2個と成人男性の上あごの犬歯1個、成人男性の左尺骨1個の化石。2012年に発掘し、詳しく調査していた。2個の乳歯は別々の、犬歯と左尺骨は同一の猿人のものとみられ、少なくとも3人の存在が推定できるという。火山泥流により埋まったとみられる。

     地層の年代測定などから約350万年前の化石と推定され、骨の特徴から370万〜300万年前に存在したアウストラロピテクス・アファレンシスと判明した。一緒に発見された動物の化石などから、この付近は、乾燥した大地溝帯とは違う、湿った草原地帯だったと推測される。

     中務教授は「大地溝帯とは違う環境で見つかったことで、アファレンシスの環境適応能力の高さを示唆している。アファレンシスが約70万年もの間、安定して存在していた裏付けにもなる」としている。【川瀬慎一朗】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 香取慎吾 スマステ最終回で感激 「信じられない! 夢かなっちゃった」
    2. ORICON NEWS “偏差値32”のロンブー淳が青学受験に挑戦 100日間「全力で勉強」
    3. 香取慎吾 スマステ最終回で「新しい地図」に言及 「皆さんと一緒に大きな地図を…」
    4. ガンダム 「等身大」新立像がお目見え 東京・お台場
    5. ORICON NEWS 『SmaSTATION!!』16年の歴史に幕 香取慎吾が感謝「ありがとう!」 東京タワーも粋な演出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]