メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特捜部が一色氏を任意で事情聴取

甘利明前経済再生担当相=竹内幹撮影

 甘利明前経済再生担当相(66)=1月辞任=を巡る現金授受問題で、東京地検特捜部が、甘利氏側に現金を渡したとされる千葉県白井市の建設会社の総務担当者、一色武氏(62)から任意で事情を聴いたことが関係者への取材で分かった。

 甘利氏側や一色氏の説明によると、甘利氏本人や元公設秘書は2013年8月〜14年2月、都市再生機構(UR)との間で補償交渉を巡るトラブルを抱えていた建設会社側から現金計600万円を受領した。また、秘書は同社側から複数回にわたって飲食接待も受けていたといい、一色氏は毎日新聞の取材に対し「いずれもURとの紛争解決について依頼した口利きの報酬だった」と証言していた。

 特捜部はUR担当者も任意で事情聴取しており、実態解明を進めている。【近松仁太郎】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 介護家族 脳性まひの息子、首絞めた朝 愛した44年、母絶望
  2. TBS バラエティー番組で警察出動騒ぎ
  3. 捕獲の子グマ ツキノワグマではなくタヌキだった 青森
  4. 介護家族 殺人事件の「告白」/5 母に「楽になろうか」 11年、1日も休まず
  5. 公然わいせつ 「乳首おじさん」懲戒免職 滋賀・栗東市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]