メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡崎と金崎の2トップ スタメン発表

岡崎慎司(左)と原口元気

本田、香川はベンチスタート

 サッカー日本代表は24日午後7時半から、埼玉スタジアムでのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選E組第7戦でアフガニスタンと対戦する。

 ここまで5勝1分けの勝ち点16で同組首位に立つ日本。予選に臨むのは昨年11月以来で、残り2戦での1位通過を狙う。

 先発メンバーが発表され、FWは岡崎と金崎の2トップとなった。GKには東口が、MFに清武、柏木が入った。FW本田圭佑(ACミラン)とMF香川真司(ドルトムント)の主軸2人は合流から日がないことからベンチスタートとなった。GK川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド)はベンチ外となった。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本56位、アフガニスタン151位。昨年9月の中立地・テヘランでの対戦では6−0で日本が快勝した。アフガニスタン戦を前にハリルホジッチ監督は記者会見で「目的は勝つこと。できるだけ多く得点し無失点を続けたい」と語った。

 アフガニスタンは2勝4敗の勝ち点6で最終予選への望みは絶たれているが、セグルト監督は「日本は海外でプレーする選手も多く抱えるアジアでナンバーワンのチーム。我々は格下で明日は主力2人をけがで欠くが、90分間全力を尽くしたい」と話した。

 2次予選は8組に分かれ、各組の1位と、2位のうち上位4チームの計12チームが最終予選に進む。日本はすでに2位以内が確定している。勝ち点差1で2位につけるシリアがカンボジアに負けると、日本は2次予選最終戦となる29日のシリア戦を残して1位突破が決まる。【デジタル編集部】

先発メンバー

GK:東口順昭(ガ大阪)▽DF:森重真人(FC東京)、酒井宏樹(ハノーバー)、長友佑都(インテル・ミラノ)、吉田麻也(サウサンプトン)▽MF:長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、柏木陽介(浦和)、清武弘嗣(ハノーバー)、原口元気(ヘルタ)▽FW:岡崎慎司(レスター)、金崎夢生(鹿島)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏 東欧の首相を押しのけ前に? 厳しい批判も
  2. 岡山・加計学園 獣医学部新設手続き「早く」 首相補佐官、前次官に要求 昨秋
  3. 加計学園 首相補佐官が前次官に要請 新設手続き「早く」
  4. 世界の雑記帳 メラニアさん、トランプ大統領との「手つなぎ」拒否か
  5. キスリャク駐米露大使 「最も危険」 トランプ政権接触で注目 笑顔武器に人脈、実は大物スパイ?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]