メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手仕事の里へ

和ろうそくと燭台(愛媛県内子町) 師の背を追い、この道行く

素手でろうをすくい、芯に塗り重ねる大森太郎さん(手前)と、父の背を見ながら仕事に励む亮太郎さん=愛媛県内子町で、中本泰代撮影

 <CULTURE>

 白壁の屋敷や町家が並ぶ、愛媛県内子町の八日市・護国地区。交通と流通の要衝で、江戸後期から明治にかけては天然のろう「木(もく)ろう」の一大産地として繁栄した。ゆるやかな坂道を南に下ったところに「大森和蝋燭(ろうそく)屋」ののれんが出ている。2月中旬の暖かい日に訪ねると、帳場の奥の間で、6代目・大森太郎さん(66)と息子の亮太郎さん(29)がろう鉢に向かっていた。

 大森和蝋燭屋のろうそくは、ハゼの実から作られる木ろうそのままのうぐいす色だ。最小の5匁(もんめ)で…

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1523文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  4. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]