メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全線復旧…台風被害、6年半ぶり 三重

全線復旧し、伊勢奥津駅を出発する名松線の一番列車=津市美杉町奥津で2016年3月26日午前9時35分、兵藤公治撮影

 三重県の津市山間部と松阪市を結び、2009年10月の台風被害で一部区間が不通になっていたJR名松線が26日、6年半ぶりに全線復旧した。午前9時35分に約220人の乗客を乗せた一番列車が伊勢奥津駅(津市美杉町)を出発し、大勢の沿線住民らが見送って鉄路の復活を祝った。

 一番列車の出発に先立ち同駅で式典が行われ、JR東海の柘植康英社長が「県と津市の支えでこの日を迎えられた。地域の方と共に知恵を出し合い、新しい名松線に一人でも多くの方に乗っていただきたい」とあいさつ。運転士に地元小学生が花束を贈った。列車を見送りに来た近くの中西晴重さん(68)は「復旧をきっかけに地域を盛り上げ、多くの人に美杉に来てもらいたい」と笑顔を見せた。

 同線は伊勢奥津−松阪間の43.5キロを結ぶ。台風で路線内に土砂が流れ込むなどの被害を受け、伊勢奥津−家城(津市白山町)間の17.7キロが不通になり、バスによる代行運転が行われてきた。

 JR東海は被災直後、不通区間を廃線としバスに切り替える案を示したが、美杉町の住民らが12万人近い署名を集め方針撤回を要請。JRは、県と津市が治水・水路整備を行うことを条件に存続を決め、復旧工事が進められてきた。同区間の1日当たり利用者数は被災前の08年が90人で、利用者増が今後の課題となる。【井口慎太郎】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
  2. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
  3. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
  4. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
  5. もう二度と 相模原殺傷事件1年 「地域と一緒」願う やまゆり園入所者、家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]