メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千島列島に基地設立か 遠征調査隊派遣へ

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのショイグ国防相は25日、北方領土を含む千島列島(クリル諸島)に露太平洋艦隊の基地を新たに設立する可能性を探るため、4月から3カ月間の遠征調査隊を派遣すると表明した。軍幹部を集めた会議で明らかにした。

     どの島への基地設立を想定しているのかは言及しなかったが、北方領土の国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の両島では昨年から軍駐屯地の整備が始まっており、関連した動きとみられる。

     ショイグ国防相によると、ロシア軍は今年、千島列島に沿岸防衛のための短距離ミサイル「バスチオン」(射程300キロ)や最新型無人機を配備する計画。千島には昨年、移動式地対空ミサイル「トルM2U」が配備されている。いずれも具体的な配備先は明らかにされていない。

     メドベージェフ露首相は昨年8月に択捉島を訪問した際、北方領土の戦力について「最新の部隊が必要だ」と述べ、軍事力強化を進める考えを示していた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
    2. 米海兵隊研修資料 着任兵士用、沖縄に偏見
    3. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    4. 八代市役所 外壁に落書きの47歳男再逮捕 熊本県警
    5. サッカー レアルが11度目CL優勝 Aマドリードを破る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]