メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山、浅間山、桜島の判定基準公表

 気象庁は25日、全国の34火山で定める噴火警戒レベルについて、御嶽山(長野・岐阜県境)、浅間山(群馬・長野県境)、桜島(鹿児島県)の3火山で上げ下げをする際の判定基準を公表した。これまでは「総合的に判断する」として、個別の火山の判断基準は公開していなかった。気象庁はホームページ上などで公開する火山を増やしていく。

     気象庁は2014年の御嶽山噴火の2週間前、火山性地震の増加を観測したが地殻変動が伴わないとしてレベル1から2への引き上げを見送った。今回公表した基準では、「1日50回以上の火山性地震を観測した場合は上げる」と明記した。

     御嶽山噴火では、火山研究者らから「(レベルの上げ下げに)行政判断が入り、科学的客観性が担保されていない」などの批判があった。このため、基準公表によって火山活動の推移や避難の心構えに関心を持ってもらう狙いという。気象庁気象研究所の山里平(ひとし)火山研究部長は「公表することで恣意(しい)的な運用がないことを示したい」と話した。【久野華代】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 都知事選 小池氏リード 増田氏、鳥越氏追う 本紙調査
    2. 都知事選 最終盤 与野党、追い込み懸命 党幹部、前面に
    3. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    4. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
    5. ポケモンGO 出現率アップ 大阪・千林商店街でイベント

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]