メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三陸鉄道

あまちゃんお座敷車両引退 1期生駅長の思い

久慈駅に隣接する車両基地で公開された「さんりくしおかぜ」=岩手県久慈市で2013年11月3日、米田堅持撮影

 NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」のロケ地となった第三セクター・三陸鉄道(本社・岩手県宮古市)。その中で重要な舞台となったお座敷車両「さんりくしおかぜ」が31日で引退する。三陸鉄道の1期生で「さんりくしおかぜ」とともに震災を乗り越えてきた宮古駅(同市)の橋上和司駅長(51)が、ラストランへ向けた思いを語ってくれた。【米田堅持】

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1025文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです