メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あまちゃんお座敷車両引退 1期生駅長の思い

久慈駅に隣接する車両基地で公開された「さんりくしおかぜ」=岩手県久慈市で2013年11月3日、米田堅持撮影

 NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」のロケ地となった第三セクター・三陸鉄道(本社・岩手県宮古市)。その中で重要な舞台となったお座敷車両「さんりくしおかぜ」が31日で引退する。三陸鉄道の1期生で「さんりくしおかぜ」とともに震災を乗り越えてきた宮古駅(同市)の橋上和司駅長(51)が、ラストランへ向けた思いを語ってくれた。【米田堅持】

三陸鉄道草創期を支えた1期生

 「さんりくしおかぜ」は、三陸鉄道が開業した1984年4月から走っている車両のひとつで、橋上さんら三陸鉄道1期生とは「同期生」だ。当初は、三陸鉄道の南リアス線を走る一般仕様の車両番号「36−110」だったが、2002年10月に東北新幹線の八戸延伸に合わせて、三陸鉄道初のお座敷車両の車両番号「36−2110」として車内をリニューアルし、愛称は公募で「さんりくしおかぜ」に決まった。大型バス1台で観光客を運べるように定員は48人となった。05年2月に当時は珍しかった「こたつ列車」へと内装を変更して現在の形になり、06年からは冬の名物列車として定着した。

イベントの準備をする橋上和司さん(右)=岩手県久慈市の三陸鉄道・久慈駅で2013年11月2日、米田堅持撮影

「第三セクターなめるなよ」

 11年3月11日の東日本大震災で三陸鉄道は、全線で運転中止を余儀なくされるなど壊滅的な被害を受けた。震災から全線復旧で大きな力となったのは、社員だけでなく保線や通信を担う協力会社や沿線の人たちの力が大きかったという。

 さらに、復旧に弾みをつけたのが「あまちゃん」だった。「さんりくしおかぜ」も舞台のひとつとなり、「しおさいのメモリーズ」号として人気者になった。橋上さんが語った「第三セクターなめるなよ」は、そのままセリフとなって全国に流れ、「さんりくしおかぜ」と橋上さんの同期のタッグは全線復旧へのレールをひた走った。

「さんりくはまかぜ」へ

 14年4月、新たなお座敷車両「さんりくはまかぜ」が登場した。当初からお座敷車両として製造されており、橋上さんと同期の金野淳一・運行本部長のアイデアが詰まった新型車両だ。30年以上にわたって走り続け、老朽化や設備の古さが目立ってきた「さんりくしおかぜ」の後継として入れ替わることになった。

 橋上さんは「震災で鉄道が走ることが当たり前ではないことを思い知らされた時、『さんりくしおかぜ』に救われ、社員は感謝している。最後は三陸鉄道を走っていた『さんりくしおかぜ』のことを語り継いでいきたい」と話し、同期の一足早い「定年」をゆっくりと言葉を選びながら惜しんでいた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 銀魂 テレビアニメ新シリーズが放送へ
  2. JAF調査 横断歩道に歩行者 「止まらない」車9割
  3. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
  4. 離婚 伊達公子さん、ドイツ人レーサーのクルムさんと
  5. ブラマヨ小杉 M−1から「40キロ増」“わがままボディー”の現状明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]