メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

君たちの時代に

先人たちの伝言 小松左京さん

 ◆小松左京こまつさきょうさん(1931〜2011ねん

    日本人にっぽんじんはもっと謙虚けんきょになれと警告けいこくはっしているのかもしれない

     小松左京こまつさきょうさんは、日本にっぽん代表だいひょうするSF作家さっかです。東日本大震災ひがしにほんだいしんさい阪神大震災はんしんだいしんさいのずっとまえに、日本列島にほんれっとう大震災だいしんさい見舞みまわれる「日本沈没にほんちんぼつ」をき、地震大国じしんたいこくニッポンに警告けいこくはっしていました。第二次世界大戦だいにじせかいたいせん体験たいけんがSFの原点げんてんとなり、「人類じんるい文明ぶんめい」を生涯しょうがいかけてつづけてきました。

    SFの原点げんてん戦争せんそう

     本名ほんみょう小松実こまつみのる。1931ねん大阪市おおさかし町工場まちこうばいとな両親りょうしんのもとにまれ、4さい兵庫県西宮市ひょうごけんにしのみやしうつみました。5さいごろから、創刊そうかんしたばかりの毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶんよっうえあに一緒いっしょんでいました。

     小学しょうがく年生ねんせいだった41ねん小学生新聞しょうがくせいしんぶん北村小松きたむらこまつ小説しょうせつ」が連載れんさいされました。外国がいこくのスパイが日本にっぽん新型爆弾研究しんがたばくだんけんきゅうさぐるストーリーでした。小松少年こまつしょうねんは、「マッチ箱一ばこひとつで富士山ふじさんばす」ほどの威力いりょくがある爆弾ばくだんしんじることができませんでした。しかし45ねん広島ひろしま原爆げんばく投下とうか。「広島ひろしま新型爆弾しんがたばくだん」という新聞しんぶん記事きじて、「小学生新聞しょうがくせいしんぶんっていたやつだ」とびっくりしたそうです。のちに「SFの原点げんてん戦争せんそうだった」とかたっています。

     イタリアの詩人しじんダンテの名作めいさく神曲しんきょく」に衝撃しょうげきけ、京都大学きょうとだいがくでイタリア文学ぶんがくまなびました。卒業後そつぎょうご経済雑誌けいざいざっし「アトム」の記者きしゃとなり、原子力げんしりょく分野ぶんや担当たんとうしました。61ねんに「には平和へいわを」がコンテストで入選にゅうせん。73ねん、「日本沈没にほんちんぼつ」が400万部まんぶのベストセラーとなりました。

     小松こまつさんのいえには、代々受だいだいうがれてきたじくがあります。房総半島ぼうそうはんとうんでいた先祖せんぞは、江戸時代えどじだい安政大地震あんせいおおじしんによる津波つなみ屋敷やしきながされました。奇跡的きせきてきもどってきたじくがれていました。小松こまつさんは、じくのエピソードをとおして、おとうさんから津波つなみおそろしさをいてそだちました。

     「日本沈没にほんちんぼつ」のテーマは「巨大きょだい災害さいがい日本人にっぽんじんがそれにどのようにかうべきか」について、なやいた小松こまつさんのこたえでした。

     95ねんがつ17にち大阪府箕面市おおさかふみのおし自宅じたく阪神大震災はんしんだいしんさい経験けいけんします。直後ちょくごのインタビューでこうこたえています。

     「阪神大震災はんしんだいしんさいは、『地球ちきゅうにやさしい文明ぶんめい……』などといっている我々われわれに、『地球ちきゅう時々ときどききばをむき、しかもそれはやさしくない』ということをおしえてくれた。日本人にっぽんじんはもっと謙虚けんきょになれと警告けいこくはっしているのかもしれない」

     被災地ひさいち取材しゅざいし、4がつから「大震災だいしんさい’95」を毎日新聞まいにちしんぶんで1年間ねんかんにわたり連載れんさいしました。96ねん土岐憲三ときけんぞう京都大学工学部教授きょうとだいがくこうがくぶきょうじゅ当時とうじ)との対談たいだんでは「地震じしん神経質しんけいしつなのは原子力発電げんしりょくはつでんなんです」と東日本大震災ひがしにほんだいしんさい予見よけんしたような言葉ことばのこしています。取材しゅざいかさねるうち、がめいっていえにこもり、体調たいちょうくずしたといいます。

     阪神大震災はんしんだいしんさいから10年後ねんごの2005ねんには、どもの防災教育ぼうさいきょういく大切たいせつさをかたっていました。東日本大震災発生後ひがしにほんだいしんさいはつせいご取材しゅざい殺到さっとうしましたが、体調たいちょうすぐれないためことわつづけました。

     「この危機ききかならえられる。日本にっぽんかならずユートピアを実現じつげんできる。日本にっぽん日本人にっぽんじんしんじている」

     メッセージをのこし、7がつ26にちに80さいいきりました。【篠口純子しのぐちじゅんこ


    年表ねんぴょう

    1931ねん 大阪市おおさかしまれる

    1943ねん 兵庫県立神戸第一中学入学ひょうごけんりつこうべだいいちちゅうがくにゅうがく

    1948ねん 旧制第三高校入学きゅうせいだいさんこうこうにゅうがく

    1949ねん 京都大学文学部入学きょうとだいがくぶんがくぶにゅうがく

    1961ねん だいかいSFマガジンコンテストで「には平和へいわを」が努力賞どりょくしょう入選にゅうせん

    1964ねん 『日本にほんアパッチぞく』『復活ふっかつ

    1970ねん 大阪万博おおさかばんぱくでサブ・テーマ委員いいん、テーマかんサブプロデューサーをつとめる

    1973ねん 『日本沈没にほんちんぼつ

    1982ねん 『さよならジュピター』

    1985ねん 『首都消失しゅとしょうしつ

    1996ねん 『小松左京こまつさきょう大震災だいしんさい’95』

    2006ねん 『日本沈没第二部にほんちんぼつだいにぶ』(共著きょうちょ

    2011ねん 死去しきょ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドローン 神戸ルミナリエ会場で飛行 操縦少年を任意聴取
    2. 受精卵無断使用 「父親だと思えない」原告揺れる心情
    3. 奈良家裁 受精卵無断使用でも「父子」 別居の妻が出産
    4. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
    5. スーパー クレしん25周年で春日部にサトーココノカドー

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]