メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のヒット商品

日本企業、複眼的に市場調査を TNC・小祝誉士夫社長に聞く

 海外の市場調査事業などを展開する「TNC」(東京都新宿区)の小祝誉士夫社長に、日本企業の海外戦略や世界市場の動向について聞いた。【聞き手・永井大介】

 Q 国内市場は人口減少などで縮小が予想される中、海外で稼げるかが日本企業に問われています。

 A 市場拡大が期待される新興国では、経済成長に伴い食生活が豊かになって生活習慣病も広がり、健康志向が強まっている。一部の国では少子高齢化の進展と、中間層や富裕層の拡大が同時に進み、子供の教育や老後に備えた投資が盛んだ。これらは、日本企業が国内で向き合ってきた課題でもある。従来は技術力やブランド力で優位を保ってきたが、今後は、国内の課題に向き合ってきた成果も「輸出」できるようになった。すでに老人ホームや学習塾で現地に進出している企業もある。

 Q 新興国市場は今後、どう変化しますか。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文879文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです