メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションの匠

手紡ぎの風合い守るツイード 日本ホームスパン(岩手県花巻市)

 <ファッションの匠(たくみ)>

 「ホームスパン」は手紡ぎという意味で、主に羊毛を使った手織り生地のことを指す。今も手紡ぎの文化が残る岩手県で、日本ホームスパンは仏有名ブランドに長年、上質なツイード生地を提供してきたことで知られる。手紡ぎできる糸は1日わずか1.5メートル。入社31年の菅野美貴子さん(55)は「練習したからうまくなるわけでなく、勘が勝負」といい、両手をリズミカルに動かす。手織りで作れる生地も1日にジャケット1着分と少ない。

 岩手では明治時代初期、農家の副業として牧羊が始まり、スコットランドから織り機などを一式、輸入したこ…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです