メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションの匠

手紡ぎの風合い守るツイード 日本ホームスパン(岩手県花巻市)

 <ファッションの匠(たくみ)>

 「ホームスパン」は手紡ぎという意味で、主に羊毛を使った手織り生地のことを指す。今も手紡ぎの文化が残る岩手県で、日本ホームスパンは仏有名ブランドに長年、上質なツイード生地を提供してきたことで知られる。手紡ぎできる糸は1日わずか1.5メートル。入社31年の菅野美貴子さん(55)は「練習したからうまくなるわけでなく、勘が勝負」といい、両手をリズミカルに動かす。手織りで作れる生地も1日にジャケット1着分と少ない。

 岩手では明治時代初期、農家の副業として牧羊が始まり、スコットランドから織り機などを一式、輸入したこ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです