メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『幕末維新を動かした8人の外国人』=小島英記・著

 (東洋経済新報社・1836円)

大変動期乗り切った冷静な情報収集能力

 幕末維新期をあつかう物語は数多い。なかでも司馬遼太郎『竜馬がゆく』や『翔(と)ぶが如(ごと)く』などは広く親しまれ、また、島崎藤村『夜明け前』は歴史小説の最高傑作とよんでもいいほどである。

 これらの作品では、激しく揺れ動く社会のなかで生きる人々の姿態が描かれている。この大変革期がペリー来航以降の外圧によってもたらされたことは、誰にも異論はないだろう。だが、黒船やアームストロング砲の背後にいる外国人の生態については、その名前のほかは意外と知られていないのではないだろうか。笑うに笑えないことだが、日本語能力に傑出していたアーネスト・サトウなどは日系人と思っている人も少なくないはずだ。

 本書は、国内抗争にだけ目を向けていては見えてこない、もう一つの舞台裏に焦点をあてる。なかでも大きな…

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文2065文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]