メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾チーム含む94チームが熱戦

決勝戦で勢い余り転倒する選手ら=京都府京田辺市河原のキララ商店街特設コースで 2016年3月26日午後 桑田潔撮影

 事務椅子を使った耐久レース「第7回いす−1グランプリ」が26日、京都府京田辺市のキララ商店街であった。椅子に後ろ向きに座った選手らが足で地面を激しく蹴りながら特設コースを回り、応援団や大勢の観客から熱い声援が送られた。

     キララ商店街事業協同組合と京田辺市観光協会の共催。全国から事務椅子を持って駆け付けた93チームと、初参戦した台湾・台南市商店街チームの計94チーム(1チーム3人)が参加した。

     予選(30メートル走)を勝ち抜いた31チームが決勝戦に進出。2時間で1周180メートルのコースを回る回数を競い、昨年3位に甘んじた「清滝友の会〜特攻野郎Aチーム」(大阪)が136周を回りグランプリに輝いた。

     台湾チームも決勝戦に進み、69周で29位だったが、リーダーの高耀威(こう・ようい)さん(39)が日本チームの選手らに胴上げされ、健闘をたたえ合っていた。【桑田潔】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 結城友奈は勇者である テレビアニメ第2期が10月スタート
    2. 刑法改正 「強姦」を「強制性交等罪」に変更へ 性差解消
    3. 大相撲初場所 稀勢の里が初優勝…白鵬、貴ノ岩に敗れ
    4. 許さない 性暴力の現場で/1 男性被害者 信じてもらえぬ苦しみ /群馬
    5. TOKIO 山口達也が“最高ランク”の絶滅危惧種発見 「鉄腕DASH」2時間SP

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]