メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小型機墜落、4人死亡 滑走路で炎上

八尾空港に墜落した小型機=大阪府八尾市で2016年3月26日午後5時5分、本社ヘリから三村政司撮影
事故機の飛行経路

 26日午後4時20分ごろ、大阪府八尾市の八尾空港で、単発の小型プロペラ機「ムーニーM20C」(4人乗り)が着陸に失敗し、滑走路脇に墜落した。消防によると、機体が炎上し、機内にいた成人とみられる4人の男性全員が死亡した。小型機は低速でふらつきながら滑走路に進入し、突然ほぼ真下に墜落したとの目撃情報もある。大阪府警は同日、業務上過失致死容疑で八尾署に捜査本部を設置。国土交通省運輸安全委員会も事故調査官2人を派遣し、詳しい事故原因を調べる。

 同省や府警などによると、小型機は個人所有で、飛行計画の機長名に「Y・NISHIMOTO」と記されていた。所有者も同じで広島市に住む40代の男性とみられる。

 小型機はこの日午後4時過ぎに神戸空港を離陸して八尾空港に向かい、西向きにA滑走路(1490メートル)に進入して着陸する際に墜落した。事故の直前、小型機から着陸のやり直しを求める無線通信が管制塔に入り、小型機は一度、高さ約20メートルまで再上昇したという。その直後に墜落したとみられる。機首を北向きにし、滑走路脇に墜落した。

 事故を目撃した近くの主婦(71)によると、小型機は左右にふらつきながら高さ50メートル前後を飛行して着陸態勢に入ったが、速度がかなり遅かったという。墜落する際は失速し、機体がほぼ真下に落ちた。機体の前部が大破した状態で、垂直尾翼が破損していた。

 この小型機の所有者と連絡が取れておらず、府警は27日以降、4人の遺体を司法解剖し、身元の特定を急ぐ。

 大阪管区気象台によると、事故当時の空港付近の天候は晴れで、見通しは良かった。10分間の平均風速は西の風3.4メートルで、着陸が困難な気象状況ではなかったとみられる。

 大阪航空局によると、小型機はこの日午前11時ごろに岡山県の岡南(こうなん)飛行場を離陸し、約1時間後の正午過ぎに八尾空港に着陸。午後2時半に八尾空港を離陸して約15分後に神戸空港に着いた。再び八尾空港に折り返す際に事故が起きた。府警によると、この後、愛知県に向かう予定だったという。【山田毅、宮本翔平、遠藤浩二】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 尊厳否定「二重の殺人」全盲・全ろう東大教授
  2. 相模原の障害者施設殺傷 尊厳否定「二重の殺人」 全盲・全ろうの東大教授、福島智氏
  3. 無尾翼機 ナウシカ「メーヴェ」よ 白く美しく 大空舞え
  4. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
  5. 死体遺棄 容疑で男女高校生逮捕 新生児を公園に埋める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]