メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛称は「桃太郎線」 公募で決定

桃太郎に扮した岡山県倉敷市出身の俳優・前野朋哉さんらに見送られて出発する桃太郎線を走るラッピング列車=岡山市北区のJR岡山駅で2016年3月26日午前9時28分、瀬谷健介撮影

 岡山県のJR吉備線(岡山−総社)が26日、「桃太郎線」の愛称になった。沿線には吉備津神社や古代の山城「鬼ノ城」など桃太郎伝説ゆかりの史跡が多く、JR西日本が知名度アップのために愛称を公募して決めた。

     2両編成の車体に桃太郎や鬼などの絵を施したラッピング列車の運転も同時にスタート。岡山駅では桃太郎に扮(ふん)した俳優らに見送られて出発した。

     列車内では、桃太郎が鬼退治の際に持参したきびだんごが乗客に配られた。鉄道関係者は「目的地に鬼はいませんので、ご安心を」。【瀬谷健介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
    2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
    3. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    4. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
    5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]