メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウイニングボールをポケットに 阪神・金本監督

【阪神−中日】公式戦初勝利を挙げ、ベンチで笑顔を見せる阪神の金本監督(左)=京セラドーム大阪で2016年3月26日、幾島健太郎撮影

 ○阪神7−3中日●(京セラドーム大阪・26日)

     ウイニングボールをポケットにしまい込んだ阪神の金本監督は、「うれしいですね」。監督としての公式戦初勝利に笑みを浮かべた。7点を挙げた打線の呼び水となったのが新人の高山だった。「チャンスを拡大したい気持ちで打席に入った」という三回1死一塁、内角球を引っ張って右中間に運ぶ先制の適時二塁打。六回の打席では三塁手がゴロをはじいたのを確認すると、一気に二塁まで進む好走塁を見せた。

     プロ初打点が監督に初勝利をプレゼントする結果になり、高山は「特別な日に打点を挙げられてうれしい気持ちでいっぱい」と喜びを語った。金本監督は開幕試合の敗戦を引きずることなく、「若い選手も多いので乗っていくことが大事」と連勝に向けて次を見据えていた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京五輪 終電繰り下げ 最寄り駅各社要請へ 都・組織委
    2. 海保 湘南保安署新築 「入室お断り」の部屋を独占取材
    3. 神戸製鋼不正 「かこがわフェスティバル」中止を発表
    4. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
    5. 九州北部豪雨 20万トン流木の処理難航 2次災害も懸念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]