メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

のめり込まずきちんと/息の長い歌手でありたい=専門編集委員・川崎浩

のめり込まずきちんと

 名作曲家船村徹は弟子を抱えてたくさんの歌手を育ててきた。トラック運転手などを経た後、10年の内弟子生活を終え、2009年デビューした走(はしり)裕介は9枚目のシングル「北の傷歌(しょうか)」(コロムビア)を歌う。

 「今回は先生の息子さんの蔦将包(つたまさかね)先生の作曲。前作は杉本眞人先生」と“師匠離れ”を語るが、フォーキーな曲調も難度の高いメロディーも正確に歌いこなす実力は、船村門下ならでは。

 「先生の稽古(けいこ)は一度もなし。でも、音楽に対する姿勢は先生を見て覚えた。のめり込まずきちんと…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文621文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]