メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

のめり込まずきちんと/息の長い歌手でありたい=専門編集委員・川崎浩

のめり込まずきちんと

 名作曲家船村徹は弟子を抱えてたくさんの歌手を育ててきた。トラック運転手などを経た後、10年の内弟子生活を終え、2009年デビューした走(はしり)裕介は9枚目のシングル「北の傷歌(しょうか)」(コロムビア)を歌う。

 「今回は先生の息子さんの蔦将包(つたまさかね)先生の作曲。前作は杉本眞人先生」と“師匠離れ”を語るが、フォーキーな曲調も難度の高いメロディーも正確に歌いこなす実力は、船村門下ならでは。

 「先生の稽古(けいこ)は一度もなし。でも、音楽に対する姿勢は先生を見て覚えた。のめり込まずきちんと…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです