メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

のめり込まずきちんと/息の長い歌手でありたい=専門編集委員・川崎浩

のめり込まずきちんと

 名作曲家船村徹は弟子を抱えてたくさんの歌手を育ててきた。トラック運転手などを経た後、10年の内弟子生活を終え、2009年デビューした走(はしり)裕介は9枚目のシングル「北の傷歌(しょうか)」(コロムビア)を歌う。

 「今回は先生の息子さんの蔦将包(つたまさかね)先生の作曲。前作は杉本眞人先生」と“師匠離れ”を語るが、フォーキーな曲調も難度の高いメロディーも正確に歌いこなす実力は、船村門下ならでは。

 「先生の稽古(けいこ)は一度もなし。でも、音楽に対する姿勢は先生を見て覚えた。のめり込まずきちんと…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 2件の殺人「告白」の死刑囚に無罪判決 東京地裁「告白内容は信用できない」 
  3. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです