メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哀歓記

命かけて産んだ子 /大阪

絵・遠藤浩二

 「母親は帝王切開手術で麻酔が切れ、苦痛に耐えて長男を産んだ。それなのに、わずか3カ月後に父親に虐待されて亡くなったようです」

 裁判所を担当している堀江拓哉記者から先日、こんな報告を受けました。

 事件は2014年1月に大阪市内で起きました。赤ちゃんが急性硬膜下血腫で死亡し、40代の父親が傷害致死容疑で逮捕されました。

 母親が出かけている間、泣きやまない長男を強く揺さぶったとされています。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです