メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哀歓記

命かけて産んだ子 /大阪

絵・遠藤浩二

 「母親は帝王切開手術で麻酔が切れ、苦痛に耐えて長男を産んだ。それなのに、わずか3カ月後に父親に虐待されて亡くなったようです」

 裁判所を担当している堀江拓哉記者から先日、こんな報告を受けました。

 事件は2014年1月に大阪市内で起きました。赤ちゃんが急性硬膜下血腫で死亡し、40代の父親が傷害致死容疑で逮捕されました。

 母親が出かけている間、泣きやまない長男を強く揺さぶったとされています。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです