メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天文衛星

「ひとみ」通信途絶…姿勢異常で電力不足か

種子島宇宙センターから打ち上げられるH2Aロケット30号機=鹿児島県南種子町で2016年2月17日午後5時45分、津村豊和撮影(リモートカメラ使用)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、鹿児島・種子島宇宙センターから2月17日にH2Aロケット30号機で打ち上げたエックス線天文衛星「ひとみ」について、26日午後から電波の通信が途切れ、衛星の状態を確認できなくなったと発表した。何らかの原因で衛星の姿勢が異常になり、太陽光を十分に受けられず電力不足で通信不能になった可能性があるという。

 JAXAは27日、2003年11月のH2Aロケット6号機打ち上げ失敗以来となる、奥村直樹理事長をト…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです