メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
天文衛星

「ひとみ」通信途絶…姿勢異常で電力不足か

種子島宇宙センターから打ち上げられるH2Aロケット30号機=鹿児島県南種子町で2016年2月17日午後5時45分、津村豊和撮影(リモートカメラ使用)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、鹿児島・種子島宇宙センターから2月17日にH2Aロケット30号機で打ち上げたエックス線天文衛星「ひとみ」について、26日午後から電波の通信が途切れ、衛星の状態を確認できなくなったと発表した。何らかの原因で衛星の姿勢が異常になり、太陽光を十分に受けられず電力不足で通信不能になった可能性があるという。

     JAXAは27日、2003年11月のH2Aロケット6号機打ち上げ失敗以来となる、奥村直樹理事長をトップとする対策本部を設置した。JAXAは国内外5カ所の地上局を優先的にひとみに割り当て、復旧を試みる。

     同日の記者会見によると、ひとみは26日午後4時40分以降、データ通信が途絶えた。最後のデータを分析したところ、太陽電池の発電が想定より少なく、姿勢に異常が生じたとみられるという。

     その後、ひとみから2度、数分間データが送られてきたが、衛星の状態までは確認できなかった。記者会見で常田佐久(つねたさく)JAXA宇宙科学研究所長は「考えたくはないが、このまま続くと(観測は)大変厳しい」と述べた。

     日本のエックス線天文衛星は00年2月にアストロEが打ち上げに失敗、続く「すざく」も観測装置を冷却する液体ヘリウムの漏えいが発生し、ひとみで3基連続のトラブルとなった。【阿部周一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
    2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
    3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
    4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
    5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]