メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ひとみ」通信途絶…姿勢異常で電力不足か

種子島宇宙センターから打ち上げられるH2Aロケット30号機=鹿児島県南種子町で2016年2月17日午後5時45分、津村豊和撮影(リモートカメラ使用)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、鹿児島・種子島宇宙センターから2月17日にH2Aロケット30号機で打ち上げたエックス線天文衛星「ひとみ」について、26日午後から電波の通信が途切れ、衛星の状態を確認できなくなったと発表した。何らかの原因で衛星の姿勢が異常になり、太陽光を十分に受けられず電力不足で通信不能になった可能性があるという。

     JAXAは27日、2003年11月のH2Aロケット6号機打ち上げ失敗以来となる、奥村直樹理事長をトップとする対策本部を設置した。JAXAは国内外5カ所の地上局を優先的にひとみに割り当て、復旧を試みる。

     同日の記者会見によると、ひとみは26日午後4時40分以降、データ通信が途絶えた。最後のデータを分析したところ、太陽電池の発電が想定より少なく、姿勢に異常が生じたとみられるという。

     その後、ひとみから2度、数分間データが送られてきたが、衛星の状態までは確認できなかった。記者会見で常田佐久(つねたさく)JAXA宇宙科学研究所長は「考えたくはないが、このまま続くと(観測は)大変厳しい」と述べた。

     日本のエックス線天文衛星は00年2月にアストロEが打ち上げに失敗、続く「すざく」も観測装置を冷却する液体ヘリウムの漏えいが発生し、ひとみで3基連続のトラブルとなった。【阿部周一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ベッキー 映画「LION」に太鼓判 「最後の一秒まで見逃さないで」(スポニチ)
    2. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
    3. ノーベル文学賞 ディランから講演の連絡届かず 不履行なら賞金失う(スポニチ)
    4. 東京・調布の小型機墜落 1年 「思い出したくない」 周辺住民、自家用機再開に反対
    5. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]