メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イナゴやカイコなど使い醸造…試食の結果は?

昆虫で醸造した調味料で刺し身を食べる参加者ら=和歌山県紀の川市で2016年3月27日、阿部弘賢撮影

 和歌山県紀の川市のNPO「いなか伝承社」が、イナゴやカイコなどの昆虫をしょうゆの醸造技術を使って発酵させた液体調味料を開発。27日、同市で試食会があった。

     調味料は計10種類で、5種類の昆虫を二つの麹(こうじ)で醸造した。刺し身やお吸い物、サラダなどのメニューを試食した参加者は「普通においしい」「少しクセがある」などと感想を言い合った。

     見た目から敬遠されがちな昆虫食だが、海外では高い栄養価で注目されている。災害食などへの応用も期待され、ムシできない食材になりそう?【阿部弘賢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高濃度セシウム 福島第1周辺のダム底に堆積
    2. 豊洲市場 市場関係者に空洞図を提供…盛り土なし説明せず
    3. クローズアップ2016 ダム底 高濃度セシウム たまる汚染、募る不安
    4. クローズアップ2016 都政に「小池カラー」次々 豊洲が改革試金石
    5. 富士山 うっすら雪化粧 「初冠雪」にはならず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]