メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イナゴやカイコなど使い醸造…試食の結果は?

昆虫で醸造した調味料で刺し身を食べる参加者ら=和歌山県紀の川市で2016年3月27日、阿部弘賢撮影

 和歌山県紀の川市のNPO「いなか伝承社」が、イナゴやカイコなどの昆虫をしょうゆの醸造技術を使って発酵させた液体調味料を開発。27日、同市で試食会があった。

     調味料は計10種類で、5種類の昆虫を二つの麹(こうじ)で醸造した。刺し身やお吸い物、サラダなどのメニューを試食した参加者は「普通においしい」「少しクセがある」などと感想を言い合った。

     見た目から敬遠されがちな昆虫食だが、海外では高い栄養価で注目されている。災害食などへの応用も期待され、ムシできない食材になりそう?【阿部弘賢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    2. 茨城の震度5弱 「大震災の余震」気象庁
    3. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
    4. 夢・華やかに タカラヅカ エリザベート、宙組上演 妖しく神秘的な世界に /兵庫
    5. 赤ちゃんポスト 海外からの初の預け入れ「想定せず」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]