メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりの障害

難聴になって 思い伝える「要約筆記」

 外見上の特徴がないため、難聴者は周囲の理解を得にくく、さまざまな壁に直面している。誰もが暮らしやすい社会を考える連載「となりの障害」の難聴編に寄せられた読者の手紙などを参考に難聴者を取りまく課題を追った。

 中途失聴者で手話や、口の動きを読む「読話」が使えない人にとっては、相手が話したことを素早く要約し、手書きやパソコンで打ち込んだ文字で表す要約筆記は、社会参加のために欠かせない手段の一つだ。だが、一般的にはまだ、なじみが薄い。

 大阪府の鈴木靖子さん(75)=仮名=は10年前、両耳に補聴器を付けた。病を患って聴力がさらに落ち、…

この記事は有料記事です。

残り2362文字(全文2628文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです