メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結核薬に予防効果…マウスで確認 大阪市立大

 結核やハンセン病の治療薬として使われる抗生物質の「リファンピシン」に認知症の発症を防ぐ効果があることがマウスの実験で確認されたとの論文を富山(とみやま)貴美・大阪市立大准教授(脳神経科学)らの研究グループがまとめた。認知症予防薬の開発につながる成果で、英神経学雑誌の電子版に29日、掲載された。

 富山准教授らは、マウスを円形プール(直径約1メートル、水深約30センチ)で泳がせ、足場に到着するまでの時間を計る実験を行った。リファンピシンを与えたアルツハイマー病のマウスは、周囲の風景を記憶して、5日目の実験で、健康なマウスとほぼ同じ20秒程度で足場にたどり着くことができた。一方、与えなかった同病のマウスは倍近くの時間がかかった。

 富山准教授らはハンセン病患者に認知症が少ないことに着目した。アルツハイマー病などの「変性性認知症」は、特殊なたんぱく質が脳内で集まることによって発症するとされるが、富山准教授らはリファンピシンがたんぱく質の凝集を抑える働きがあることを解明していた。

 ヒトでは既に発症した患者に投与しても進行を止めることはできないが、たんぱく質の凝集が始まってから認知症を発症するまで約20年かかるため、この間に投与すれば発症を抑えられる可能性があるという。【畠山哲郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR尼崎駅 泥酔の学生が線路歩く 最大で1時間の遅れ
  2. 女優 笹本玲奈さんが第1子出産 母子ともに健康
  3. 衆院選 安倍首相に熱狂 投稿内容は「自己責任」
  4. 衆院選 フェイスブックが投稿分析 「希望」言及が急減
  5. 最高裁 「性的意図」巡り弁論 強制わいせつ罪判例変更か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]