メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝鮮学校補助で通知…「透明性の確保を」

馳浩文科相=徳野仁子撮影

 馳浩文部科学相は29日の閣議後の記者会見で、朝鮮学校を認可している28都道府県に対し、補助金を交付する場合は「適正かつ透明性のある執行の確保」を求める通知を同日付で出したと発表した。朝鮮学校への補助金を巡っては、北朝鮮による拉致問題や核実験などを受け、自民党から打ち切りを求める声が上がっていた。自治体に権限がある朝鮮学校への補助金交付に関し、文科省が通知を出すのは初めて。

     通知は、朝鮮学校について「政府としては、北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総連が、教育内容、人事及び財政に影響を及ぼしているものと認識している」と説明。朝鮮学校に通う子どもへの影響に十分な配慮を求めたうえで(1)補助金の公益性、教育振興上の効果などに関する十分な検討(2)補助金の趣旨・目的に沿った適正かつ透明性のある執行の確保−−などを求めている。馳文科相は「公的資金として適切に取り扱われるようにとの趣旨だ」と説明した。

     文科省によると、朝鮮学校は都道府県が各種学校として認可。28都道府県に68校(昨年5月時点で6校が休校中)がある。2014年度実績で、18道府県と114市区町が計約3億7000万円を交付している。【佐々木洋】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北朝鮮 駐英公使が韓国に亡命「正恩体制に嫌気」
    2. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
    3. 漆黒を照らす /19 テレビで報じられる北朝鮮 「美しき平壌」のからくり /大阪
    4. 北朝鮮 数学五輪参加の18歳男子生徒が韓国に亡命申請
    5. 北朝鮮 恐怖政治が亡命動機か…外交官、今年10人近く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]