メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・宇佐

「マチュピチュそっくり」で展望所を整備

ペルーのマチュピチュにそっくりの「宇佐マチュピチュ」

 大分県宇佐市院内町の国道387号沿いの山あいの風景が「南米ペルーの世界遺産・マチュピチュにそっくり」と話題になり、市がトイレ付きの展望所を整備した。

     展望所から眺める「宇佐のマチュピチュ」は標高200メートルの円すい状の山肌に家々が並ぶ。「教育委員会幹部が約10年前に言い始めた」という説もあるが定かでない。

     それでも写真を撮る人が絶えず、市は展望所に2200万円をかけ観光振興に期待。駐日ペルー大使も「ぜひ見たい」とメッセージを寄せており、本家のお墨付きも近い?【大漉実知朗】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. タクシー セダンからミニバンへ 次世代型で街中一変
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
    5. 基礎控除 高所得者減額検討 2500万円超はゼロ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]