メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会中継

NHK会長、パネル映し方で謝罪

参院予算委員会に参考人として出席し、元気・松田公太氏の質問に答えるNHKの籾井勝人会長=国会内で2016年3月28日午後3時56分、藤井太郎撮影

 28日の参議院予算委員会で、松田公太議員(日本を元気にする会)が、国会で提示したパネルの映し方をめぐり、NHKの国会中継を「公平ではない」と批判した。籾井勝人(もみい・かつと)会長は答弁で「恣意(しい)的ではない」としながらも、「返す言葉もございません。誠に申し訳ございません」と謝罪した。

     松田議員が問題視したのは、14日の予算委員会で自身が示したパネルの映し方。「私のパネルだけクローズアップされなかった。全く見えなかった」と指摘した。

     これに対し、籾井会長は「パネルに限らず、全てのテレビ放送については極力、公平、公正に放送するよう努めている。ある特定の政党のパネルが小さくなることがないように、最大限の努力をします」と述べた。【望月麻紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
    2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
    5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]