メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

障害者に仕事を=中村秀明

 <sui−setsu>

 「失業」は経済にとどまる問題ではない。経済学者も「人の不幸の最たるものの一つ」「人間としての尊厳を破壊する」と、痛みの大きさや社会への悪影響を語る。

 職に就けば、生活を支えるお金だけでなく、人との、社会とのかかわりを手にできる。逆に失業によって、人は孤立感を深め、見捨てられたという思いを募らせる。

 失業率が3%台の現代にも、仕事を得たいと願いながらかなわない人がいる。障害を持つ人たちだ。18〜6…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]