メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

障害者に仕事を=中村秀明

 <sui−setsu>

 「失業」は経済にとどまる問題ではない。経済学者も「人の不幸の最たるものの一つ」「人間としての尊厳を破壊する」と、痛みの大きさや社会への悪影響を語る。

 職に就けば、生活を支えるお金だけでなく、人との、社会とのかかわりを手にできる。逆に失業によって、人は孤立感を深め、見捨てられたという思いを募らせる。

 失業率が3%台の現代にも、仕事を得たいと願いながらかなわない人がいる。障害を持つ人たちだ。18〜6…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文989文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]