メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

AIが人の五感を研ぎ澄ます=リコー経済社会研究所長・稲葉延雄

 囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」が世界最強の棋士を破って以来、がぜんAIは注目を浴びている。

 AIという語はすでに1950年代に誕生しており、現在のAIは第3世代に属するといわれている。今やAIは、大量のデータ蓄積と高速の計算処理を通じて自分で深層学習(ディープラーニング)する。言い換えれば、人間が指示しなくても、外部の状況を感知・認識し、速やかに必要な決断を下すことができる。

 一昔前は、AIはどのようにすれば人間のように考え、判断できるか、を中心に開発が進められてきた。しか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです