メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

送電線点検に 九電子会社が来月導入 電気止めずに作業/空から細かい損傷発見

 九州電力グループで、送電線の保守点検を手掛ける九電ハイテック(福岡市)は4月1日から作業に小型無人機ドローンを導入する。作業員が送電設備の鉄塔に登って点検する場合と違って、送電を止めずに作業ができるうえ、地上からの目視では難しい細かい損傷を発見できるメリットがある。同社は操縦検定や運用ルールを独自に策定しており、全国でも珍しい取り組みとみられる。【遠山和宏】

 昨年12月に中国製のドローン(全長60センチ、1・3キロ)を9機配備した。1機あたり約30万円で、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです