メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本格ターミナル構想…4施設目、大手増便に対応

関西国際空港の新たな本格ターミナルの想定場所

 関西国際空港に、本格的な新旅客ターミナルを設ける構想が浮上していることが30日分かった。インバウンド(訪日外国人)が今後も長期間増え続けると、既設と建設中の計三つのターミナルでは対応しきれないためだ。必要と判断すれば、4月1日から44年間、関空を運営する純民間会社、関西エアポートが整備する。実現すれば、訪日客の玄関口として関空の機能は大幅に強化される。【吉永康朗】

     ターミナルは、航空機が駐機し、利用者が乗り降りに使う施設で、商業施設も入る。現在、関空には大規模な第1ターミナルとLCC(格安航空会社)専用の第2ターミナルがある。国際線LCC専用として第3ターミナルを建設中で、16年度末に供用開始予定だ。

     第1、第2の旅客処理能力は合計で年間約2700万人。第3の供用が始まれば約3100万人に増える。一方、15年度の利用者は2300万人超で処理能力に近づいている。関西エアポートも、44年後の関空利用者は現在の2倍弱の4153万人との目標値を掲げ、処理能力不足を補うため、事業計画に第4ターミナル建設検討を盛り込んでいる。

     当初、第4については、第2、第3と同様のLCC専用として、簡易な施設が想定されていた。だが、最近は大手航空会社の便数も増え、第1の処理能力が逼迫(ひっぱく)する可能性が高まっている。このため、第1と同様の本格ターミナルの必要性が浮上してきた。

     建設場所は、第1の北側にある150ヘクタールの空き地活用が有力。複数階ある大規模な施設で、税関など出入国設備を設けることも検討しており、LCCだけでなく、大手航空会社の国際便や大型機に対応できる「新たなメインターミナル」(空港関係者)と位置づけたい考えだ。簡易な平屋建ての第2、第3では不足している商業エリアの面積も確保できそうで、収益拡大も期待できる。鉄道駅や第1と連絡橋や巡回バスでつなぎ、ターミナル間の連絡をよくすることも検討する。

     関西エアポートは、「今後の航空需要を見極めることが先決だ」(幹部)と時間をかけて検討する方針。関西エアポートが決断すれば、関空の建設当初に想定されていた「二つの本格メインターミナル」が実現することになる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夫婦げんか 高速道に夫を置き去り 北海道
    2. 高校野球 無念の没収試合…熱中症?交代要員なく 和歌山
    3. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
    4. 相模原殺傷 当直職員、集音マイクで異変察知 居室で物音
    5. ポケモンGO 西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]