メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

あいりん地区で行政代執行…テントなど撤去

あいりん地区で行政代執行を始める大阪市職員=大阪市西成区で2016年3月30日、念佛明奈撮影

 大阪市は30日、西成区のあいりん地区にある花園公園と公園前の市道を不法に占拠しているとして、路上生活者らが設置したテントや小屋を行政代執行法に基づいて強制的に撤去した。同地区での行政代執行は1998年12月以来という。

     市によると、公園や周辺は、2002年にはテントなどが約30件あった。市が交渉を続け、大半は自主撤去に応じたが、市道上のテントや公園内の小屋、看板の3件が残っていた。テントには男性1人が住んでいる。向かいには小中学校があり、保護者らから撤去を求める声が出ていた。

     市職員が午前8時20分、行政代執行を宣言。抗議する約50人を引き離し、道路を封鎖して作業に着手。「反対」などと怒号が飛び交い騒然となった。【念佛明奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
    2. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
    3. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
    4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    5. アメフット 再三圧迫、追い込まれ 日大選手が実名で証言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]